施術技術

カイロプラクティックとはギリシャ語で手技という意味です。
脊柱のゆがみを矯正し人間本来の自然治癒力を引き出す施術法です。

ここでは主要なテクニックをご紹介いたします。

SOT(仙骨後頭骨テクニック)

SOT (仙骨後頭骨テクニック)

体のゆがみを3つのカテゴリー(Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ)に分け三角形のブロックを使い患者様の体重を利用して矯正します。
カテゴリーⅠ:脊髄硬膜のねじれ、脊柱の痛み。
カテゴリーⅡ:カテゴリーⅠが進行するとカテゴリーⅡになります。初診の70%がこのタイプです。
       症状は骨盤痛、四肢の痛み(肩・膝・股関節・足関節等)、産後のいろいろな症状もこのタイプです。
カテゴリーⅢ:カテゴリーⅡが進行するとカテゴリーⅢになります。椎間板問題、坐骨神経痛。
※平成3年SOT認定資格取得

ストレインカウンターストレイン

ストレインカウンターストレイン

アメリカのラリー・ジョーンズD.O.により開発されたテクニック。
テンダーポイントと呼ばれる圧痛点がある筋肉を最大限に弛緩させることにより痛みを改善します。
このテクニックは痛みのない姿勢にもっていくので患者様にやさしい治療です。

ドロップテクニック

ドロップテクニック

多種多様な治療が可能なベッドを使用します。
代表的なテクニックがトムソンテクニックです。
ベッドの動きを利用して患者様に負担が少なく矯正できます。

CST

CST

アプリジャーD.O.が開発した施術法。
頭蓋骨と仙骨の調整により脳脊髄液の循環の改善、自律神経の働きのを整えることにより症状を緩和します。